Search

【千葉北支部木下道場】ケーブルネット296様からの取材

7/12(火)ケーブルネット296(印西市周辺のケーブルテレビ)様に、木下道場を取材して頂きました。


体験内容は ・ストレッチ ・補強(腕立て伏せ、ジャンピング・スクワット) ・基本稽古の抜粋 ・ミット打ち ・黄色帯とオレンジ帯の身体の大きい3人に、自由組み手を見て頂きました。 ・板割り 上記をおこないました。


今回、リポーターの石井知子さん、リポーター兼・空手を体験して頂いた石井瞭太くん(小学三年生)、佐藤海斗くん(高校生)の3名に来て頂きました。

リポーター兼・体験して頂きました小学三年生の石井瞭太くんは、産まれた時から、ずっと、お母さんである石井知子さんといつもリポーターもしているとのことでしたので、コメントや話の内容など、慌てず落ち着いて受け答えが出来ていたので、凄い小学生だな、と、ビックリしました。

高校生の佐藤海斗くんは突きや蹴りをみていたら、初心者ではないな、と、思い聞いたところ、小学校から中学校の途中まで、キックボクシングを習っていたとのことでした。 板割りも2枚を一発で、割っていたので、流石でした。

子どもたちも取材ということで、いつもと違う環境で、緊張したり、コメントを求められたりしましたが、最後の板割まりで、よく頑張ってくれていました。

板割りは、身体の大きい6年生の男たちは割れていましたが、女の子や小さい子たちは次回の機会では板割りを完遂出来る様に、これからも努力精進して参りましょう。

取材に来て頂きましたケーブルネット296市川様、今回、この様な場を設けて頂いたおかげで、子どもたちも、私(塚越)自身も、大変、良い経験と思い出を積ませて頂きました。 有り難うございました。

今回、ケーブルネット296様とのご縁を結んで頂きました浅海さん(道場生・保護者)、いつも道場のために、ご尽力賜りまして、有り難うございます。 また昨日も、平日にもかかわらず、お仕事でお忙しい中、毎度、時間を作って頂き、取材の様子を取って頂いたり、取材後の後片付けなども手伝って頂いたり、毎回、助かります。 有り難うございました。

千葉北支部 塚越道場


以下、当日の稽古取材風景をギャラリーに載せております。



32 views0 comments

Recent Posts

See All